スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルトルームシューズ歴2年

少しずつあたたかくなってきた。
寒い時期が長かったので
大活躍していた2シーズン目のルームシューズ。
はじめてつくった記念すべき1足目、思い入れがある。
しかし、私の体重で踏み固められた底部分はぺったんこ。
裏底を縫った糸も数カ所切れている。
よくあたる小指横部分は透けてきている…。
そろそろお役目が終了の時期が近づいているかもしれない。
そう考えるとよけい愛おしい気持ちになる。
フェルトのルームシューズはあたたかく、ムレにくく
去年は5月の終わりころまではいていたな。

DSCN2511.jpg

個展の時には、男の人もはける大きいサイズや
自分より小さな足の人向けのサイズも製作した。

DSCN2510.jpg

初期のころの反省をふまえ
底面になる部分には羊毛を多くしたり
ラインをいれてみたり。

次回つくるときは
色だったり、柄だったり
もっと冒険をしたいと思っている。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。