スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013

DSCN2795.jpg
2013年がはじまって11日。

1年前の今日(1/11)は
自身初めてとなった個展の初日だった。
ついこの間のように思っていたのに
もう1年がたっている。

個展のためにいろいろつくった2011年。
2012年は個展、オーダー制作、ワークショップとあり
10月には新規の取扱店ができた。
岐阜県のフォーカスポーカスという
お店の集まった施設の中にある、
メランジェリカさん。
服飾や作家モノの雑貨を扱うお店。
フェルトを取り扱っていただけること、とてもうれしく、
さらにがんばろう!と思ったのだった。

数日前に2013年のフェルト目標をたてた。
そのコトを達成するために何をするのか…
コツコツと、でも楽しんでやっていこう!


スポンサーサイト

できるコトから

ずいぶんと季節がすすんで、すっかり冬。
コートがないと外出できない寒さ。
そして、フェルトが活躍する季節!

ありがたいことに
フェルトでこんなモノがほしいと注文をもらったり
在庫がないモノがでて追加でつくったり。
その他の自分のことで時間を使ったりして
毎日が過ぎていっているこの頃。

「時間はつくるもの」
少し前にその言葉をみてドキっとした。

できるコトからやる。
自分のからだはひとつしかないから
ひとつずつ、ひとつずつ。
まずは、ご無沙汰していまっていたココから。
 

はんこ

DSCN2788.jpg

teto woolのはんこをつくった。
近所の印鑑屋さんで一番手軽な
「ゴム印」を選ぶ。
簡素で事務的なはんこに
本人は大満足しております。

はんこを押す。
シールを貼る。
これらは個人的にものすごく好きな作業。
意味なくたくさん押したり貼ったりするのではなく
必要な作業をするのが楽しい。
広い面の真ん中に押すはんことか
銀行で決まった位置に押すはんことか
決まって右下に貼らなければいけないシールとか。

今回つくったはんこを押すためにも
フェルトづくりをどんどんやろう。
 

気が付けば…

9月もあと5日で終わってしまう。
日々、過ぎていくのが早い。

夏でもちょこちょことご購入いただいた
コースターとキーホルダーの在庫づくりと
ワークショップの準備で
新しいモノへのチャレンジをしていない。
この夏の反省するべきところ。

しかし、今月よい出来事もあった。
そのことで在庫が少なくなるので
冬に向けてまた追加でつくっておかなくては。

いろいろやりたいことはあるけれど
ひとつひとつやっていくしかないよね。
遠い先をみて焦ってしまわないように…
と自分に言い聞かせる。
 

この夏のコト

今年の夏(8月)は
自分にとって2つの大きなイベントがあった。

1つは、フェルトコースターのワークショップ。
もう1つは、糸つむぎの講習会に参加したこと。

毎年、夏に行われている糸つむぎの講習会の存在を知り
参加したいと思いはじめてから3年。
今年やっと行くことができた。
原毛から糸をつむぎ、毛糸にするまでの作業が
自分でできるようになるなんて、うれしすぎる。
そして、楽しい!
2泊3日の講習会では、紡ぎの他にも
織り、染め、フェルトもやることができ
あれもこれも!とやってきた。

教えてくれるスタッフの人たちや
講習会に参加していた他の人たちと
仲良くなって、いろんな話ができたことも
とてもよかった。
 
DSCN2675.jpg
時間がある夜に
これ(スピンドル)で糸をつむぐのが
ここ最近の楽しみになっている。

手つむぎの糸は
とても不揃いなのだけど
なんともいえない”あじ”のある糸。
それを自分でつくれるなんて
おもしろいし、うれしいし、
やっぱ楽しい!
 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。