スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追加のキーケース

DSCN2810.jpg

お友達にプレゼントしたい。
母からの依頼で追加でキーケースをつくった。
(写真はキーリング取付け前)

前回頼まれた時にリクエストされた「空に雲」。
これ以外に「ウシ柄」「キリン柄」ができるか
という話もあったのだけど、断った。
何度か試さないとイメージ通りにできないだろうと思ったから。
個人的に興味を持ったキリン柄にこっそりチャレンジ。
やはり1度では思ったように仕上がらず。
やってみたらこうなった、と母に見せたところ
やはり不評(亀の甲羅の柄みたいって)。

あのキリン柄をもうちょっと改善して…と
今回は「キリン柄」「空に雲」2つのオーダーをもらった。
1度目ダメだった部分を変えてチャレンジしたキリン柄は
母からもよいと納得してもらえた。よかった。

自分が使ってよかったからプレゼントにしたい
と言ってもらえるのは、とてもうれしかった。


スポンサーサイト

オーダーのキーケース そら

自分の母からのオーダーで
キーケースをつくった。

DSCN2806.jpg

スマートフォンケースが欲しいと話す母に
どんなモノがいいか今までつくったモノを見せると
その中にあったキーケースを見て
前からキーケースが欲しかったと言い
オレンジのキーケースを購入してくれたのは先月。

後日、使ってみて
オレンジは今の時期、見た目に暑い。
車のカギが長くて入らない。
奥行きが深すぎて取り出しにくい。と言う。
(家族はハッキリものを言うね…)

DSCN2807.jpg
母が先に使ったキーケースと同じサイズのモノと
並べるとこんな感じ。
何色がいいかと聞くと、空に雲のイメージでという。

リクエストに応えたオーダーのキーケース。
喜んでくれ、さっそくカギを付け変えていた。

使ってみた感想はありがたいなと思う。
キーケースのリサイズを検討中。

 

モバイルケース試作2

フェルト制作もブログ更新も
スローペースになってしまっている、ここ数ヶ月。
試作2回目は、しばらく前に終わっていた。

DSCN2803.jpg
前回がオレンジ、今回は黄色。
スナップの強度改善とサイズの調整をした。

スナップは1部分だけに負荷がかからないよう
さらに2工程ほど手をかけ、強度がでた。

サイズは、どのスマードフォンにも使えるように
というのは結果的に使い勝手が悪くなるように感じたため
今回はiPhone5用サイズにした。

DSCN2804.jpg
友人にiPhone5を入れてみてもらう。
サイズはよさそう。
しかし、電話がきて取り出すまでに
時間がかかってしまいそうとのこと。

見た目にシンプルで主張しすぎないという点から
スナップボタンを選んでいたけど
これ以外の仕様を考えてみようと思う。
用途がモバイルケースでなければ
よいのかもしれないな(ペンケースとか??)。

モバイルケース試作

もう、すっかりあたたかくなっている。
ずいぶん更新できずにいたこと、反省…。

DSCN2800.jpg
スマートフォン用のケースを試作した。

元は以前つくったこのモバールケース(二つ折り携帯サイズ)に
フタを足したイメージ。
DSCN2523.jpg
この時つくらなかったオレンジをメインに試作。

なるべくでっぱりとかなくシンプルにしたいと思い
スナップボタンの仕様にしてみた。
DSCN2801.jpg
ケースの内側には金具が出ないようにし
中はフェルトしか当らない仕上げ。

何度か開け閉めしてみた。
ボタンの周りが破けるのではないかと感じ
革で強度がでるようにしみた。
DSCN2802.jpg

何度か開け閉めしてみた。
フタ部分より本体部分のボタン周りの方が
もっと強度が必要と判明。

この対策は現在思案中。
サイズも再検討が必要に感じる。


まずは手を動かして頭の中のことをカタチにする。
大切だと改めて思った。

縮み待ち

DSCN2797.jpg
キーホルダーのリピート制作中。
縮められカタチつくられるのを待っている
まるく成形した羊毛たち。
近い色をまとめてつくる。
写真、ちょっと寒々しいかな…。

新しいモノへの挑戦は
リピート制作が一段落してから。
それまで、頭の中で制作イメージトレーニング。
時々これで問題点がみつかり
サイズや仕様を考え直したりする。
そして完成形がはっきりイメージできてるときは
制作スムーズだし、早い。
イメージ、大切。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。